ウレタン塗膜防水

ウレタンゴム系の塗膜防水です。新築・改修を問わず複雑な形状にもなじみシームレスな仕上がりになります。小さなバルコニーから大面積の工場、マンションまで幅広い場面で活用されます。
伸張性、耐久性に優れるウレタンゴムの特性を生かした塗膜防水です。

  • ウレタン塗膜防水
  • ウレタン塗膜防水
塩化ビニルシート防水

塩化ビニル樹脂系のシート防水です。塩化ビニールシートは日光による紫外線、熱に強く、熱融着で接着されるジョイント部は高い水密性を保ち、その特性を生かしプール等の水槽などにも採用されています。
塩化ビシートは素材自体が予めカラフルに着色されており、高い耐久性があるため、防水層のメンテナンスとして一般的な保護塗装が原則不要になり維持管理費を節約することもできます。

アスファルト防水

基材の合成繊維不織布に改質アスファルトを含侵、コーティングしたシートを用いた防水です。
強靭なシートと改質アスファルトの高い水密性を活かし、信頼性の高い防水層を保ちます。

シーリング

外壁目地

家の外壁サイディングの特徴といえば、ボードとボードの境目にある継ぎ目です。 これを「目地」といいますが、この目地と窓などのサッシまわりにシーリング材を打ち込んでいきます。

  • 外壁目地
  • 外壁目地
  • 外壁目地
サッシ目地

外壁とサッシの目地にシールを打ち込んでいきます。

  • サッシ目地
  • サッシ目地
  • サッシ目地
ガラスシール

サッシとガラス、またはガラスとガラスの取合部にシールを打ち込みます。

  • ガラスシール
  • ガラスシール
  • ガラスシール

外壁の下地補修

外壁モルタル補修

モルタル外壁の補修は、ひび割れ・欠損の大きさなどの現状によって補修方法が異なります。小さなひび割れでも放置することで後々重大な漏水事故の引き金となったり、モルタルの浮き部に関しては、剥落事故となる場合もあります。その建物の寿命に関わる大事なことですので早めの補修をお勧めします。

外壁タイル補修

外壁のタイル補修は、剥がれ落ちそうなタイルの張り替え、また剥落を未然に防ぐ為の浮き部注入工事などを行います。